従来のにんにくは乾燥されています!

普段口にするにんにくが、実は乾燥をへて出荷されている事実を知る人はあまりおりません。そのため、「生にんにく」と聞くと、加熱せずそのまま食べるものをイメージする人が多いかもしれません。しかし、本当の意味での「生にんにく」とは、水分量が収穫時のままのものを指します。店舗に並ぶにんにくは、だいたい水分量「15%以下」になります。乾燥をすると味・香りに変化が生じ、乾燥前に比べるとどれも数段劣ってしまいます。

生にんにくから作った黒にんにく

水分量が収穫時そのままのにんにくを黒にんにくにしました。 皮まで真っ黒なのが特徴で 酸味がなく生にんにくの甘さがダイレクトに感じられます。